2018年4月9日月曜日

総会無事終わりました

2018年度の総会を4月8日(日)に行いました。

正会員さんにご参加いただき、2017年度の事業報告、活動に係る収支、2018年度の事業計画と活動予算について、説明、承認いただきました。


終了後は、今年度のキックオフをかねて懇親会。
どんぐり誇る料理長が用意してくれた、ふき味噌やたけのこ、ウドなどたくさんの春のごちそうを美味しくいただきました。

今年度の予定は追ってアップします。2018年度も東京どんぐり自然学校をよろしくお願い致します。

椎茸植菌教室行いました

3月18日(日)に、椎茸の植菌教室を行いました。
こちらも設立から毎年行っているイベントです。
コナラの原木に椎茸の菌を植え付け、自宅に持ち帰ります。
うまく管理すれば、1年かた1年半後には立派な椎茸が繰り返しとれるので、人気のイベントです♪

まずは、きのこのこと、ほだ木(椎茸の菌を植え付けた木)の管理などについてお勉強。

その後は外に出て、いよいよ植菌!
こんなふうに、木にドリルで穴をあけて、そこに椎茸の菌がたくさんまわっている種駒を打ち込んでいきます。
 

種駒を打ち込んだほだ木はこんな感じ。

 みなさんたくさんの椎茸が収穫できますように!!


2018年1月30日火曜日

玉川上水バードウォッチング2018

1月28日の日曜日、今年も玉川上水バードウォッチングを行いました。
こちらも毎年恒例のイベント、同じ時期に同じ場所で毎年観察を行うことで、鳥の種類や数から環境の変化などが見えてくる大事なイベントです。

まずは玉川上水駅に集合。コースの説明やストレッチをして、いざ出発!

雪の残る寒い中でしたが、スタッフ含め18名、鳥を探して歩きます。
さて、何が見つかるかな?
早速出迎えてくれたのは、、、
アオサギです。塔の上、屋根の上とかなり間近で姿を見せてくれました。
電柱の上にはカワウ。
以前は上水近辺では見られなかった鳥ですが、去年のバードウォッチングに続き、姿を見せています。

ちょっと見づらいですが、ツグミ。
こちらもかなり間近で見られました。

お馴染みのヒヨドリ。


上水沿いはかなり雪が残っていましたが、足元に気をつけつつ、目も忙しくしていると、、、
アオゲラも姿をしっかり見せてくれました!
木をつつく音が響き渡り、長いことその様子を観察させてくれました。

寒さと暗い曇り空と、地面には雪が残っていたことで、例年より現われた鳥の数が少なかったような気がしましたが、ゴールの上水新町地域センターで、それぞれが見た鳥を確認しあうと、、、
アオゲラ、カルガモ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ムクドリ、カワウ、メジロ、コゲラ、ゴイサギ、ハシブトガラス、アオサギ、ドバト、スズメ、ヤマガラ、シロハラ、アオジ、ツグミ、オオタカ、キジバト、マガモ、ハシボソガラス、エナガ、ハクセキレイの23種類が確認できました。以前は50以上確認できることが多かったのですが、、、

そのあとはこの結果をもとに理事長より今日の解説。

特別寒かったせいもありますが、観察される個体数や種類も減り、またみられる鳥も変わってきています。それは毎年観察してきたからこそわかること。
市街地開発や、玉川上水の整備で古い大きな木や灌木が切られたことにより、寝ぐらや住みかがなくなってしまったり。環境によってみられる鳥は変わってきます。
観察された数だけで一喜一憂するよりは、どういう鳥がどういうところで生活しているか、人間の生活が野鳥にどうかかわってくるか、そういったことを気にしながら観察するとまた新たな視点で世界が広がるのではないでしょうか。
私たち東京どんぐり自然学校の活動目標の一つが、人間と自然の共生ですから、その方向にすすめるように、これからも自然から学んでいきたいと思います。

さて、鳥合わせ後は、ビンゴの発表!
スタート時に配った野鳥ビンゴ、みられた鳥をチェックしていき、ビンゴになった人は、、、3人いらっしゃいました!
景品は玉川上水沿いで撮影した野鳥の写真です。

最後は、みんなで今日の気づきをわかちあいながら、どんぐり誇る料理部隊が作ってくれた美味しいシチューであったまりました。

また来年、どんな鳥が観察できるか楽しみです。







2018年1月16日火曜日

落葉かき行いました2018

1月14日のよく晴れた日曜日、今年も落葉かきを行いました。
落葉に埋もれた種子に光をあて、雑木林を健全に保つための大切な作業です。

まずは、本日の作業の説明。
現場に移動して、準備運動をしてパチリ。
まずは、落葉プールから、落葉が作ってくれた腐葉土を取り出します。
この腐葉土で、雑木林で集めたどんぐりから苗を育てます。

小さい人も手伝って?、90Lのビニール袋30袋分取り出しました。
腐葉土の中には、カブトムシの幼虫がたくさん!
また今年の小平グリーンフェスティバルで配布しますので、お楽しみに。
いよいよ落葉を集めて、落葉プールに運びます。


子どもたちも作業。
ブルーシートいっぱいにして何往復も運びます。
その一方で、以前使っていた落葉プールも補修も行いました。
そして子どもたちはいつの間にか、、、


落葉たっぷりの林は最高の遊び場です!
最後はリヤカーにのせてもらい、、、
子どもたちは大満足。

来週1月21日も落葉かきを行います!

2017年12月26日火曜日

募集中! 1/28(日)玉川上水バードウォッチング

毎年恒例のイベント、玉川上水バードウォッチングを来る2018年も行います。
ぜひ、たくさんの鳥を探しに参加してみませんか?

新春恒例!バードウォッチング参加者募集!!(先着20名程度)
  

実施日:2018年 1月28日 ()
集合: 西武拝島線 又はモノレール 玉川上水駅 南口  8:30受付
スケジュール  9:00 ~11:30  玉川上水駅 ~ くぬぎ橋近辺のコース 探鳥
            11:30 ~       上水新町地域センターにて鳥合せ
           12:00 ~       昼食& 分ち合い  (13:00 解散予定)
  会費: 一般¥300 (賛助会員¥250 正会員¥200) 小学生以下 無料
 持ち物:双眼鏡・図鑑(あれば)、歩きやすい服装、防寒着(手袋・帽子)、                           雨具、筆記用具、弁当

締切日: 2017年 1月24日 ()まで  

申し込み先: 山田眞久  電話: 090-9010-3290 
                                     FAX: 042-344-1876 
        江口 宏  電話 090-4136-5433


2017年11月28日火曜日

鳩ノ巣渓谷へ紅葉ハイキングに行ってきました

11月26日の日曜日、奥多摩の鳩の巣渓谷周辺へハイキングに行ってきました。

今回の目的は、奥多摩の巨樹に会うこと、そして鳩ノ巣渓谷の紅葉を楽しむこと。
古里駅をスタートし、鳩ノ巣渓谷、白丸ダムを経由し、奥多摩駅まで、3駅分歩きます。
ピカピカの晴天に恵まれ、下は2歳から上は?歳まで、総勢15名でのハイキングです。

まずは古里駅で集合、ルートの説明と準備体操をしていざ出発!

青梅街道沿いを、最初の巨樹、古里附のイヌグス目指して歩きます。
10分ほどで到着。立派です!
樹齢600年ほどとか。

 国道と線路に挟まれた狭い敷地にある神社の境内に立っています。
地上1.5mのところで2本に分岐していますが、南側の幹は治療の甲斐なく、近年枯死してしまったそうです。
イヌグスとは、タブノキの別称で、こちらは全国でも有数のタブノキ。環境省データベースによると全国7位の幹周(8.07m)だそうです。(「奥多摩町 日原森林館HP」より)

第一の目的を見たあとは、川沿いに降りていきます。
 なかなかいい雰囲気。
 川沿いの山道をすすみます。
途中、冬イチゴを発見。




 黄葉や森の雰囲気を楽しみながら、そして急な登りを越えて鳩ノ巣駅近くの雲仙橋まで。
雲仙橋には、今日は歩かないスタッフと会員さんも来てくれてパチリ。

ここからは鳩ノ巣渓谷へ!

 




 紅葉と見事な渓谷美。さすがにたくさんの人で行列するほどでした。
途中の東屋で楽しいランチタイム。

北斜面のため身体は冷えましたが、コーヒーを淹れて温まりました。

そしてここで、スタッフより参加者の皆さんへお題。
3人ずつのグループに分かれ、5・7・5のそれぞれを一人ずつ担当し、3人で一句を作ろうというもの。
ただし、グループの中でもそれぞれが何を考えたかは内緒です!
いったいどんな句ができあがるのか、発表は後ほど。

昼食後は少し歩いて白丸ダムに到着。
ここは、ダムの脇に魚道があり、魚がダムを越えて行き来できるようになっています。
その落差は30mで、日本最大級。
ダムの上から見たところで、左側に見えている道みたいなのが魚道の一部です。
外に出ている部分とトンネル部分があり、トンネル部の魚道も見学することができます。
管理棟に入り、こんならせん階段を下りて行くと、

魚道がすぐ脇で見られ、魚の姿も見られました!

管理棟を出た後は、ダム湖である白丸湖沿いにすすみます。
湖の色が神秘的なほど青くてきれいでした。


 気持ちよい遊歩道歩きを楽しめました。
最後は舗装道に出て、奥多摩駅手前の氷川神社の三本杉へ。
3本の杉が癒着して成長したもので、幹の太さは7.5m、樹齢は700年とも言われており、東京でも1,2を争う大きなスギだそうです。
樹高は50mあり、これは東京でもっとも背の高い木といわれているそうです。(「奥多摩町 日原森林館HP」より)

ちなみにこの氷川神社は奥氷川神社と言われ、大宮の氷川神社、所沢の中氷川神社と一直線上にあるとのこと。鎌倉時代からあるという由緒ある神社です。

奥多摩駅近くのここでゴールとし、今日のまとめと、俳句(川柳?)の発表です。
できあがった句はこちら。

①ゆく秋や  いろどり豊か  ハイキング
②紅葉(こうよう)が   楽しく歩く   秋もみじ
③秋の空   あったかコーヒー ほほも紅
④ひざ痛い  のぼりが多い  奥多摩路

いかがですか?
それぞれバラバラに考えたとは思えない出来ですね!

9時に歩き始めて、到着は15:30。
たっぷり歩いて、見どころいっぱいの1日でした。